赤松太郎峠

赤松太郎峠(あかまつたろうとうげ)は、熊本県八代市と熊本県葦北郡芦北町を結ぶ国道3号の峠である。津奈木太郎峠と佐敷太郎峠とともに三太郎峠とよばれる、薩摩街道時代からの難所の一つであった 1965年に三太郎峠が国直轄事業により改良工事が行われ赤松トンネル(現国道3号)が開通している。 2009年には.mw-parser-output .jaexpsign{text-align:center;background-color:#00702C;color:white}.mw-parser-output .jaroadsign{text-align:center;background-color:blue;color:white}.mw-parser-output .roadname{width:250px;border-radius:10px;padding:1em;margin:0.2em auto}.mw-parser-output .roadname p{margin:5px auto}.mw-parser-output .routenumber{display:inline-block;min-width:2em;border-radius:4px;padding-left:0.25em;padding-right:0.25em;font-weight:bold}E3A 南九州西回り自動車道の新赤松トンネルが開通した。

Wikipedia



Impressum