カスピ海

Suomi فارسی Tiếng Việt Galego Lietuvių తెలుగు Magyar Nederlands 한국어 Slovenščina Српски / Srpski Norsk (Bokmål) Bahasa Melayu Português Română Français Euskara Català Svenska Nynorsk Español Slovenčina 中文 Dansk العربية ไทย Deutsch Italiano Hrvatski Українська Ελληνικά हिन्दी Čeština English Русский Eesti Polski עברית Türkçe

カスピ海
Wikipedia

カスピ海(カスピかい、ロシア語: Каспийское море、英語: Caspian Sea)は、ユーラシア大陸の中央アジアと東ヨーロッパの境界にある塩湖。世界最大の湖である。2018年締結の沿岸5か国の協定によって「海」と定義されている(「国際紛争」の項目参照)。カスピの名は古代に南西岸にいたカス族あるいはカスピ族に由来する。カスピ海に近い現在のイラン・ガズヴィーン州都ガズヴィーンは同じ語源であると言われる。現代のペルシア語では一般に「ハザール海」دریای خزرと呼ばれるが、これは7世紀から10世紀にカスピ海からコーカサスや黒海にかけて栄えたハザール王国に由来する(現代ペルシア語では、カスピ海南岸のイランの地名から「マーザンダラーン海」دریای مازندرانとも呼ばれる)。また、トルコ語でも同様の名でHazar Deniziと呼ばれる。中国語では現在に至るまで「裏海」(りかい)と呼ばれる。




Impressum