トイトブルク森の戦い

Suomi Українська فارسی Tiếng Việt Bahasa Melayu Ελληνικά Galego Português Español Slovenčina English Русский Română 한국어 Eesti Français 中文 Polski Dansk Svenska Magyar العربية Nederlands Slovenščina Čeština Deutsch Euskara Српски / Srpski Italiano Norsk (Bokmål) Hrvatski Català Türkçe עברית

トイトブルク森の戦い
Wikipedia

トイトブルク森の戦い(トイトブルクもりのたたかい、羅: Clades Variana、ドイツ語: Schlacht im Teutoburger Wald)は、紀元9年にゲルマン系ケルスキ族(英語版)の族長アルミニウスに率いられたゲルマン諸部族軍とローマ帝国の間で行われた戦いである。ゲルマン諸部族はゲルマニア総督(ライン方面総司令官)の配下のローマ軍団をほぼ全滅させた。トイトブルクの森の戦い、トイトブルクの戦いとも称される。なおドイツ語ではローマ軍総司令官の名を取ってウァルスの戦いと呼ばれる。




Impressum