トンブクトゥ

Suomi فارسی Tiếng Việt Galego తెలుగు Magyar Nederlands Slovenščina Euskara Српски / Srpski Norsk (Bokmål) Українська Português Română Français Svenska Lietuvių Nynorsk Español Slovenčina 中文 Dansk ไทย Čeština Deutsch Italiano Hrvatski Ελληνικά हिन्दी English Русский 한국어 Eesti Polski Català العربية Türkçe עברית

トンブクトゥ
Wikipedia

トンブクトゥ(フランス語: Tombouctou)は、西アフリカのマリ共和国内のニジェール川の中流域、川の湾曲部に位置する砂漠の民トゥアレグ族の都市である。ティンブクトゥ(Timbuktu)とも呼ばれる。マリ帝国、ソンガイ帝国時代に繁栄し西欧では「黄金郷」として知られるほどであった。アラブ・ムスリムの学者たちも往来し学問研究も盛んであったが、16世紀以降は次第に衰退する。




Impressum