ドーラビーラ

Suomi Tiếng Việt Lietuvių हिन्दी Deutsch Español English Русский తెలుగు Français Nederlands

ドーラビーラ
Wikipedia

ドーラビーラは1967年に発見された。インド亜大陸で5番目に大きなインダス文明遺跡と目されている。1989年以降、インド考古局の R・S・ビシュト(R. S. Bisht)の指揮によって発掘調査がおこなわれている。発掘調査によって、ドーラビーラの複雑で精緻な都市計画と建造物を日の目にさらすことになった。 ドーラビーラは、同じく港湾都市であったロータルよりも古かったと考えられ、その居住の範囲は100ヘクタールを超える壮大なものである。ハラッパーやモヘンジョ・ダロに比類した「城塞」と「市街地」で構成された構造をもち、外壁で囲まれた範囲は東西方向770~780m、南北620~630mに達する。外壁の外側にも街を支える人々の居住地が広がっている。




Impressum