スワード半島

Eesti Français 中文 Português Suomi Čeština Svenska Deutsch Polski Lietuvių English Español ไทย Русский Català Türkçe Українська Italiano

スワード半島(スワードはんとう、Seward Peninsula)は、アメリカ合衆国・アラスカ州の西部にある大きな半島。北極圏のすぐ南側にあり、北アメリカ大陸から西へ長さ320kmにわたって伸び、ベーリング海峡の最も狭い部分をなす。半島の幅は145kmから225kmほど。北岸はチュクチ海に、南岸はベーリング海に面しており、半島の北にはコツビュー湾(コッツビュー・サウンド、Kotzebue Sound)が、半島の南にはノートン湾がある。半島の先端は、アメリカ大陸の西端でもあるプリンスオブウェールズ岬で、84km先にはロシアのチュクチ半島のデジニョフ岬がある。半島の名は、1867年にロシアからアラスカを購入した当時の国務長官ウィリアム・スワードの名にちなむ。

Wikipedia



Impressum