ウィリアム・キーリング

Français العربية Português Deutsch English Español Polski Русский

ウィリアム・キーリング(William Keeling、1578年 – 1620年)は、イギリス東インド会社で活動したイギリス人船長。1604年に、スザンナ (Susanna) の船長として東インド会社の第2回航海に参加し、1607年の第3回航海にはレッド・ドラゴン (Red Dragon) の船長を務めた。1609年には、ジャワ島からイングランドヘ戻る途中に、現在のココス諸島を発見したと考えられている。この島々には、後にキーリングの名が付けられ、「キーリング諸島」と称された。1618年ころにはワイト島にあるカウズ・キャッスル (Cowes Castle) の司令官となり、そのままワイト島で没した。

Wikipedia



Impressum