フストラワカ洞窟

Português Polski Magyar English Español Català Svenska Italiano

フストラワカ洞窟
Wikipedia

フストラワカ洞窟(フストラワカどうくつ、Juxtlahuaca cave)は、 メキシコ、ゲレロ州にあるオルメカ様式の壁画で知られる非常に深い洞窟遺跡である。ゲレロ州の州都チルパンシンゴの東方、同じく壁画で知られるオシュトティトラン洞穴(Oxtotitlan cave)から南方30kmの地点に位置する。1966年にプリンストン大学のギレット・グリフィン(Gillett Griffin)とカルロ・ガイ(Carlo T.Gay)によって初めて本格的な調査が行われた。フストラワカの洞窟は非常に深く長く、壁画のある「儀礼の回廊」(Hall of Ritual)にいきつくまでに1200mあり、狭い通路と大きな広間をいくつも通って2時間以上も要する。その間におびただしい人骨の散らばる「死者の回廊」(Hall of Dead)を通ることになる。




Impressum